fbpx

空間認知力とは?日常トレーニングで向上を目指す!

友だち追加

日常の中で頻繁に使われる「空間認知力」は、地図の読解や運転、スポーツなどで物体の位置や距離を正確に認識する能力です。

この能力は脳の「頭頂連合野」によって司られ、周囲の情報を統合して空間や時間を理解し、感覚情報と組み合わせて正確な認識を可能にします。

空間認知力が高まると、設計、技術、工学、数学などの分野で優れた才能が発揮されると言われ、一般的に「理系脳」の形成に寄与すると考えられています。(注:理系脳、文系脳などという分類は存在しないというのが常識です)

加齢や未使用によって低下する可能性がある一方で、効果的なトレーニングによって向上させることができます。

スマートフォンの地図アプリを活用し、頭に入れた地図情報を元に目的地に向かうトレーニングは効果的です。脳内で位置や方向を再現し、書き出すことで空間認知力を鍛えることができます。

さらに、立体的な思考や正確な距離感の再現を目指すことで、トレーニングの難易度を上げていくことがおすすめです。

ジグソーパズルもトレーニングとしておすすめです。

絵柄を見て完成図を予測し、ピースのはめ込み方を考えることで、空間認知力を強化できます。ピースの数を徐々に増やしていくことで、効果的な脳トレーニングとなります。

まとめ(注意点)

高度なトレーニングから始めず、少しずつ難易度を上げることで無理なく継続できます。

長時間のトレーニングは疲れを生む可能性が。適度な休憩を取りながら行いましょう。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事