fbpx

太陽の光と良質な睡眠。体内時計を整えて快眠を手に入れよう!

友だち追加

良質な睡眠を得るためには、体内時計を整えることが重要です。その中で、太陽の光を活かすことは効果的な方法の一つです。太陽の光はセロトニンとメラトニンの分泌に影響を与え、正しい睡眠リズムをサポートします。

体内時計とは?

人間の体内には、約24〜25時間周期の体内時計が備わっています。この時計は、外部の光環境に敏感に反応し、リズムを保っています。特に太陽の光が大きな影響を与えます。

太陽の光とセロトニンの関係

太陽の光を浴びることで、セロトニンと呼ばれる神経伝達物質が分泌されます。セロトニンはリラックスや幸福感に関与し、体内時計をリセットします。朝、起きてすぐに太陽の光を浴びることで、目が覚めやすくなります。

メラトニンの分泌と夜の眠り

太陽の光を浴びることでセロトニンが増え、その後の15〜16時間でメラトニンが分泌されます。メラトニンは睡眠導入の役割を果たし、夜の眠りをサポートします。しかし、加齢とともに体内時計の働きが弱まり、セロトニンの分泌も減少する傾向があります。

太陽の光を取り入れる生活習慣

  1. 朝の日光浴: 起きたらできるだけ早く外に出て、朝日を浴びることで目が覚めやすくなります。
  2. 昼休みの外出: 昼休みに外に出ることで、リフレッシュされつつ太陽の光を浴びる習慣をつけましょう。
  3. 散歩や運動: 日中に散歩や軽い運動をすることで、体内時計が整いやすくなります。
  4. 適切なブルーライト: 夜はブルーライトを控え、リラックスした雰囲気を作りましょう。

太陽の光を活かした生活習慣を取り入れ、体内時計を整えながら良質な睡眠を手に入れましょう。健康な生活リズムは快適な日常をサポートします。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事