fbpx

カメラマン必見!論理的なライティングで魅力的な記事を作ろう

友だち追加

「写真は言葉以上に語る」という言葉があるように、カメラマンとしての仕事もまた、言葉による表現力が欠かせません。撮った写真の背後には、その写真を説明し、魅力を伝える言葉の力が不可欠です。

そこで、今回はカメラマンに向けて、ライティングの手法の一つである「三段論法」について紹介します。

三段論法とは?

三段論法とは、ある事実やその前提となる正しい情報を起点として、推理を重ねて結論を導き出す手法のことです。古代ギリシャの哲学者アリストテレスによって確立され、今でも広く使われています。

カメラマンが「なぜこのショットが特別なのか?」と読者に伝えるのに役立つ道具です。

三段論法を活用したライティング

1. 主題

まず、記事の主題を明確に提示しましょう。何についての写真なのか、どんなストーリーを伝えたいのかを明確にしましょう。この主題がなければ、読者は何を期待すべきか分からなくなります。

2. 理由(大前提)

主題が決まったら、その主題を支える理由が必要です。例えば、ある写真が美しい理由や、その瞬間を捉えた理由を示すことが重要です。主題に対する大前提を提供して、読者に納得感をもたらしましょう。

3. 証拠(小前提)

理由の裏付けとして、具体的な証拠を提供しましょう。例えば、美しい写真の場合、撮影環境、使用した機材、独自の技術などが証拠となります。証拠を示すことで、読者はあなたの主張を信じるようになります。

4. 結論

最後に、読者に向けて明確な結論を示しましょう。どのようにして主題にたどり着いたのか、読者に伝えてください。そして、読者を行動に導くために、次のステップを提案しましょう。これが、あなたの写真に対する感想やフィードバックしてもらうきっかけになると思われます。

書くか書かないか

まとめ

三段論法を活用することで、あなたの写真をより魅力的に伝える力がアップします。カメラマンとして、写真だけでなく言葉も使いこなすことは大切なスキルです。三段論法をマスターし、読者に素晴らしい写真に隠された物語を伝えましょう。そして、あなたの写真を愛する人々に新たな視点を提供し、共感を呼び起こしましょう。

論理的なライティングで、素晴らしい写真の世界を広げていきましょう!

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事