fbpx

カメラマンのためのマーケティング戦略と、効果的な有料集客と仕組みづくり

友だち追加

どうも、いわさきです。

今回は、カメラマンが直面する課題と、それに対処するためのアプローチについて。

カメラマンは、経営者が多岐にわたる業務に携わることがよくあります

特にカメラマンのような兼業経営者は、技術者でありながら経営者としての役割も果たさなければなりません。社員を増やすつもりがない場合、売上を伸ばそうとすればするほど、自身の業務が増加してしまいます。

このジレンマに直面している経営者は少なくありません。つまり、「結果を出すことで、つらくならない」状態を作り上げることが鍵なのです。

人間は潜在意識の影響が強いと言われています。口では売上を上げたいと言っていても、潜在意識に「儲かったらしんどくなるなぁ…」というブレーキがかかっていたら、マーケティングや集客の行動は難しいものとなります。

「結果を出すことで、つらくならない」状態を作るために、小さいながらも経営20年の経験から得たポイントをご紹介します。

自分が望む時に、好きなだけ躊躇なくアクセルを踏める状態を作る

私はビジネスを始めて25期目を迎えました。ひとりで起業し、社員を雇わずに事業を拡大させるために、経営者としての自己成長が求められました。

結果を出すことで、つらくならない状態を作り上げることが何よりも重要だと考え、これを追求してきました。特に小規模ビジネスでは、効果的なマーケティングと仕組みづくりが必須です。

カメラマンが結果を出すために必要なポイント

では、具体的に何をしているかを見ていきましょう。結論から言えば、「適切に投資してレバレッジをかけてリターンを得られる仕組みを作る」ことが大切です。

「働く時間を増やしたら売上が上がった」「集客に使う時間を増やしたら集客数が増えた」など、この手法は結果が出ても、効率が向上していないことが多いです。仕組みを構築していないため、つらくなる一方です。

SNSのレバレッジってめちゃムズい

特にSNSのような無料媒体では、効果が不安定であることがあります。華やかに結果を出している人の裏には、多くの労力がかかっていることを考えると、有料媒体の方がリターンを確実に得やすい場合があります。

ビジネスの王道を進む!

そこで提案するのが、「有料集客をしましょう」です。有料集客は無料集客に比べ、レバレッジをかけやすく、効率的です。投資対効果が見込める仕組みを構築し、自由にアクセルを踏むことができるのです。

有料集客をしてレバレッジをかける手順

最後に、具体的な手順をご紹介します。

  1. 無料媒体を試す
    初めは無料媒体を試し、効果の良いところに集中します。
  2. 効率の良いところに集中する
    どの媒体が効果的かを見極め、そこに重点を置いて結果を上げます。
  3. 売上につながる数字を計算する
    見込み客の獲得や売上につながる数字を計算し、効果を把握します。
  4. 投資した場合の結果をシミュレーションする
    投資によるリターンをシミュレーションし、効率の良さを確認します。
  5. 投資するかジャッジする
    リターン率が良ければ投資を増やし、悪ければ改善策を見つけます。
  6. 投資して結果を見る
    投資をしたら結果をモニターし、戦略を最適化していきます。

これにより、リターン率がわかりやすくなり、効果的なマーケティングを展開できるでしょう。

まとめ

経営者として成功するためには、つらさを最小限に抑えながら、効果的なマーケティングと仕組みづくりが欠かせません。有料集客を含めた戦略的なアプローチを取り入れ、結果を出すことで、ビジネスを効率的に拡大させましょう。

どうぞ、これらのポイントを参考に、自身のビジネスの参考にしてください。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事