fbpx

未来を先取りする力!ビジネススキルの基盤は「記憶力」

友だち追加

ビジネスの舞台では相手の動きや市場の変動を見越し、的確な予測が求められます。この予測力の基盤となるのは「作動記憶(ワーキングメモリー)」という記憶力です。

ワーキングメモリーは情報を一時的に脳内に保持し、それを活用するプロセスを指します。日常的に会話やタスクをこなす際にも活躍し、特に予測力のベースとなります。

高いワーキングメモリーを持つ人は、多くの情報を効果的に処理できるため、未来を予測しやすくなります。記憶力を高めるためには、音読が手軽で効果的です。文字情報を一度記憶してなぞる作業はワーキングメモリーの力を養います。

過去の知識を活かし、未来を見据えるトレーニングは予測力を高める重要なスキルです。ぜひ音読を習慣にして、ビジネススキルの基盤を強化しましょう。

ワーキングメモリーとは?

ワーキングメモリーは、短期記憶の発展的な概念として、1970年代にアラン・バッドリーとグラハム・ヒッチによって提唱されました。

ワーキングメモリーは、認知心理学や脳科学の分野で広く研究されています。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事