fbpx

【脳のしくみ】脳の仕組みと年齢に対する訓練方法

友だち追加

脳の機能を鍛えるためには、活動によって特定の脳を刺激し、その機能を向上させることが重要です。

例えば、音読、計算、書写を継続することで前頭前野を鍛え、脳の機能を維持・向上させることができます。

脳の働きを理解することも効果的で、聴覚は側頭葉が担当しています。音楽を楽しむ習慣がある場合、楽器の演奏や音楽の理解を通じて相対音感を高めることが可能です。

同様に、頭頂葉は空間認知能力に関与しており、地図を読んだり物の距離を判断するトレーニングが有益です。運転することが多い中年層にとっては、この能力の向上が重要です。

頭頂葉の活性化には、コンピュータゲームが一役買いますが、過度な利用は避けるべきです。

代わりに、図形や文字の問題を解くなど、空間認知能力を刺激するトレーニングが推奨されます。

脳の訓練は継続が鍵であり、様々な活動を通してバランス良く行うことが年齢を重ねても脳機能を維持し、向上させる秘訣です。

ワンポイントアドバイス

「多様な刺激を取り入れよう!」

日常生活において異なる活動や新しい経験を積極的に取り入れることで、脳は柔軟性を保ち、機能向上に寄与します。新しい趣味やスポーツ、学びたいスキル、異なるジャンルの本や映画など、多様な刺激を受けることで脳は活性化され、健康的な脳の老化を促進します。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事